★KIKOがお勧めしたい絵本の世界★

年間200冊読んで、人にお勧めしたいと思った絵本を紹介します♪

がんばれ!あかい しゃしょうしゃ

f:id:kiko_book:20210301093839j:plain

がんばれ! あかい しゃしょうしゃ

ホームに入ってくる電車の先頭車両や、新幹線の先頭車両がやはり人気だ。

 

先頭車両のところで待ち構えて写真を撮る人もよく見かける。

 

電車の運転手になりたいと夢を抱く子が多い中、車掌者さんと運転手の仕事の違いを

 

あまり私もよく知らなかったりする。

 

絵本『がんばれ!あかいしゃしょうしゃ』は最後尾を走る車掌者が主役の絵本です!

 

 

”ちいさな あかい しゃしょうしゃは、いつも いちばん うしろを はしります。

 

f:id:kiko_book:20210301100535j:plain

がんばれ! あかい しゃしょうしゃ

 

せんとうは、おおきな くろい きかんしゃで、つぎに かもつれっしゃで、

 

そのつぎが、せきゆしゃと、せきたんしゃ。

 

そしてざいもくなどをはこぶ ながものしゃがつづきます。

 

あかい しゃしょうしゃは いつも さいごです。

 

f:id:kiko_book:20210301100546j:plain

がんばれ! あかい しゃしょうしゃ

 

くろいきかんしゃがはしると、おとこのこや、おんなのこが手をふります。

 

あかいしゃしょうしゃが とおるころには、みるのもあきて、

 

だれも手をふってくれません。

 

しゃしょうしゃは、せんとうの くろいきかんしゃが うらやましくおもいます。

 

あるひ、きかんしゃたちは、たかい、やまを、のぼっていきました。

 

ぐんぐんのぼっていると、『きをつけろ、しゃしょうしゃ!』まえに いる

 

ながものしゃが いいました。

 

『こいつは たかーい やまだ。おまえは さいごの おにもつなんだから しっかり つかまってろ!』

 

『いわれなくたって、やってるさ!』

 

f:id:kiko_book:20210301100558j:plain

がんばれ! あかい しゃしょうしゃ

 

あかいしゃしょうしゃは、ためいきまじりに いいました。

 

さかが きつくなるにつれ、みんなは ゆっくりとなってきました。

 

そしてとうとう、とまってしまいました。

 

これいじょう、やまを、のぼれなくなって しまったのです。

 

『きをつけろ!おれたち ずるずる すべり おちてるぞ』とながものしゃがいいました。

 

『ぼくが なんとか しなきゃ!』

 

あかい しょうしょうしゃは、ハンドルをおもいっきり、まわして

 

ブレーキをかけました。

 

みんなをすべりおとさせて なるものですか!

ひっしにふんばりました。

 

すると、そのとき、あかいしゃしょうしゃは、とつぜん うしろから

 

だれかに おされて びっくり。

 

2だいのくろい きかんしゃがたすけにきてくれたのです。

 

2だいのくろい きかんしゃは、あかいしゃしょうしゃに、

 

『おまえさんが いちばんうしろに いてくれて よかった。 よく ふんばってくれたね。』

 

『きみのおかげでたすかったよ。ありがとう。』とながものしゃもいいました。

 

いまでも こどもたちは、 くろい きかんしゃに てを ふります。

 

でも、それだけではありません。

 

あかいしゃしょうしゃがくるのをまって、ひときわ おおきく てを

 

ふってくれるように なりました。 

 

あかいしゃしょうしゃは、みんなを たすけた えいゆうなのですから!”

※絵本より抜粋

 

というお話です。

 

普段は一番最後を走っていて、

 

先頭車両やほかの車両に引っ張ってもらっているように見える車掌車が、

 

事故につながらないように、必死でみんなを守って大活躍するお話です。

 

絵本の絵も動物や、人がきかんしゃを応援している姿が描かれていて、

 

トンネルや、山道、ふみきり、鉄橋など、しっかり情景もカラフルに描かれていて、

 

機関車だけでなく、細部までとても楽しい絵が続いています。

 

みんなで力を合わせて、ピンチに立ち向かう機関車の姿に勇気をもらいます。

 

幼児におすすめ絵本です!

 

 

 


がんばれ! あかい しゃしょうしゃ (おひざにおいで)