★KIKOがお勧めしたい絵本の世界★

年間200冊読んで、人にお勧めしたいと思った絵本を紹介します♪

つんつくせんせいととんがりぼうし *たかどのほうこ

f:id:kiko_book:20210303092746j:plain

つんつくせんせいととんがりぼうし

”つんつく先生が、こどもたちと一緒に、工作を始めました。

 

『まほうつかいの ぼうし』という劇で使う、とんがり帽子を先生が作りました。

 

先生は工作が下手だったので、帽子はのりでベタベタしていましたが、

 

みんなとても気に入りました。

 

先生は帽子に『つんつくえん つんつくつるこ』と名前を書きました。

 

とんがり帽子が気に入った先生は、帽子をかぶって、園児と公園に散歩に出かけました。

 

遠くのほうに人が集まっているのが見えます。誰かが芸をやっています。

 

こざるがお手伝いしながら、芸を披露しています。

 

ところが芸人が途中で、先生のほうにくると、『ちょっとお借りしますぞ』と、

 

とんがり帽子を取り上げました。

 

そしてさると一緒に疲労する芸に帽子を使われてしまいました。

 

先生はちょっと憤慨しました。

 

芸が終わると、芸人は、とんがり帽子でお金を集めました。

 

『なんてことでしょ。大事に魔法使いの帽子なのに!かえしてもらわなきゃ。』

 

ところが、芸人は帽子を借りていたことを忘れ、そのままサルに帽子をかぶせて、

 

自転車で帰ってしまいました。

 

つんつく先生とこどもたちは、自転車を追いかけました。

 

ところがしばらくいったところで、こざるがひょいっと近くの木に飛び移りました。

 

おいしそうなリンゴが欲しくなったのでしょう。

 

f:id:kiko_book:20210303093913j:plain

つんつくせんせいととんがりぼうし

 

先生もその木に登り始め、さぁもうひとひき。ところが、そのとたん、

 

飛んできたカラスがとんがり帽子を、ガブリ。

 

先生は『帽子をかえして~』と叫びました。

 

するとカラスは帽子をはなしてくれました。が、あせったのはこざるです。

 

地面に墜落しそうになった時、近くの子どもの手から離れた、

 

ふうせんが飛んできて、こざるは風船を上手にキャッチし、そのままどんどん

 

空へとのぼっていきました。

 

つんつくせんせいと、みんなはしょんぼりと園に帰りました。

 

もう帽子はあきらめなくてはなりません。

 

先生はもういちどとんがり帽子を作りましたが、前のような素敵な帽子にはなりませんでした。

 

それから何日かして、郵便屋さんが素敵な小包を持ってきました。

 

何がはいっているのでしょうか?

 

開けてみると、中からとんがり帽子と、巻物が出て来ました。

 

巻物には、帽子を借りたお礼に、帽子に魔法の薬を塗りましたと記されていました。

 

さて劇の発表会の日がきました。魔法使い役の先生が、

 

とんがり帽子をかぶり、『アブダカタブラ~』とおまじないを唱えると、

 

f:id:kiko_book:20210303093951j:plain

つんつくせんせいととんがりぼうし

とんがり帽子は 本物の魔法使いの帽子に変わっていたのでした。”というお話。

少し不器用な先生が一生懸命作った帽子を、上手にできたお気に入りの帽子が、

 

こざるさんとともに消えてしまい、

 

ひょんなことから、本当に魔法の帽子になって、手元に戻ってきて、

 

魔法使いの劇で、本物の魔法が起こりサプライズ発表会になるという楽しいお話。

 

先生が子どもと同じような目線で、喜んだり、怒ったり、落ち込んだり、

 

素直な気持ちが、描かれていて、子供の心を動かすようです。

 

子どもが夢中で絵本を見ていました。

 

《著者紹介》

作:たかどのほうこ

1955年函館市に生まれ。

作品に『いたずらおばあちゃん』『紳士とオバケ氏』『ケチルさんのぼうけん』

『ルチアさん』『おともださにナリマ小』『わたしたちの帽子』(フレーベル館

『へんてこもりにいこうよ』『すてきなルーちゃん』(偕成社)『まあちゃんのながいかみ』(福音館書店)『いたずら人形チョロップ』(ポプラ社)『のはらクラブのこどもたち』(理論社)『ゆかいなさんにんきょうだい』シリーズ(アリス館)『時計坂の家』『十一月の扉』(リブリオ出版)など。札幌市在住。

 

 

 


つんつくせんせいととんがりぼうし (えほんあらかると)