★KIKOがお勧めしたい絵本の世界★

年間200冊読んで、人にお勧めしたいと思った絵本を紹介します♪

とこちゃんの しゅっちょうひきうけます  *かわかみたかこ

f:id:kiko_book:20210409122140j:plain

とこちゃんのしゅっちょうひきうけます

”とこやのとこちゃんは、きょうはしゅっちょうの日なので、

 

お店をお休みにして、しゅっちょうの支度をします。

 

バッグに、はさみにぶらし、せっけん たおる かーらー りぼん かみどめ

 

しゃんぷーと 道具をつめこみます。

 

用意ができたら、さぁ出発!

 

f:id:kiko_book:20210409122443j:plain

とこちゃんのしゅっちょうひきうけます

もりにつきました。

 

このもりを ぬけると おひさまえんです。

 

ところがつたが びっしりで すすむことが できません。

 

『とこちゃんの、この つたを なんとか してください。』

 

木がきゅうくつそうにいいました。

 

とこちゃんは かばんから はさみを とりだして からまった つたを

 

ちょきんちょきんと きりました。

f:id:kiko_book:20210409122505j:plain

とこちゃんのしゅっちょうひきうけます

もりのなかは くさや はっぱが のびほうだい。

 

木につたまゆに、つたひげ、まえがみのようにかかったつたを、それぞれに、

 

はさみでさっぱり きってあげました。

 

つたまゆはすっきり!

 

つたひげもさっぱり!

 

落とした実は鳥たちにやりました。

 

木もみんなおしゃれさんに。

 

森の奥の いちばん 背の たかい 木のところまでくると、

 

木は『あたまのてっぺんが むずむずするんです。とこちゃん何とかしてください。』

 

と困った顔で言いました。

 

とこちゃんはてっぺんまでのぼると、

 

木の枝に赤い風船がひっかかっているのを見つけました。

 

そして赤い風船をそっととると、下からしゅうちょうさきの

 

おひさまえんのみんなが見えました。

 

『とこちゃーん』

 

とこちゃんはかばんから りぼんや かみどめを とりだすと つたを結び始めました。

 

そして長いロープにして、ぴゅーん!とおひさまえんまで、

 

降りてました。

 

『しゅうちょうごくろうさま』とおひさまえんのおばあちゃんが言いました”

 

 

出張先までの道のりで、木やつたの散髪をしながら、森の中を進んでいく

 

とこちゃん。森の中の木々たちも、すっかりキレイにおしゃれさんに変身。

 

最後はつたを長く、リボンをつけてかわいいロープにして、

 

おひさまえんに到着するとこちゃん。

 

発想が豊かで、自由で、子どもが楽しく読める絵本です。

 

また美容院デビューするお子さんや、美容院が苦手なお子さんにも、

 

とこちゃんを読んで、ハサミで髪の毛をちょきちょき切るお仕事に

 

興味を持ったり、美容院を好きになってもらえるような、

 

きっかけの絵本になるのではと思います。

 

《著者紹介》

作:かわかみたかこ

1967年東京生まれ。

作・絵ともに担当した絵本に『わたしのおへやりょこう』(ブルーベル館)『のびのびのーん』(アリス館)『おはようミントくん』『たまちゃんのすてきなかさ』(偕成社)『ひかりのつぶちゃん』(ビリケン出版)、絵を担当した作品に『きいちゃんシリーズ』(ポプラ社大島妙子作)『でんでんむしのハガキ』(理論社まどみちお詩)

『てんぐちゃんシリーズ』(理論社森山京作)など。読みものに『たまごの森のものがたり』(ブルーベル館)がある。

※絵本より引用

 

 


とこちゃんのしゅっちょうひきうけます (とこちゃんのえほん)

むしの にんじゃたち

f:id:kiko_book:20210408110710j:plain

むしのにんじゃたち

今回は、ふしぎだな?ブックシリーズの5番になります。

 

全部で6シリーズあるんですが、どちらもコアなところに焦点を置いた図鑑になります。

 

1.だんごむしのかぞく

2. ハムスターのおうち

3.なんのしるしかな?(道路標識)

4.うちゅうへ いこう

6. たんぼのあまがえる

 

です。シリーズ⑤では、忍者ののように自然な中に隠れるのが上手な虫、

普段あまり見かけない珍しい虫たちが集まっています。

例えば、木の葉にそっくりなこのはむし。

このはむしも緑だけでなく、落ち葉の色のような茶色や、黄色など、

葉っぱの葉脈や、葉にできた傷まで、どこからみても葉に見える虫です。

f:id:kiko_book:20210408112151j:plain

 

f:id:kiko_book:20210408111632j:plain

むしの にんじゃたち

 

姿が枝にそっくりな えだななふし。

名前も姿がわかりやすい枝という言葉が使われています。

これは見つけられる自信ありません。

 

それから、はなびらかまきり。

よくよく知っているのは、緑色をしたカマキリ。

はなびらかまきりはピンク色をしていて、カラダのサイズも、花の弁の中に隠れているサイズなので、小ぶり。

花の蜜を吸いに来た虫たちを、堂々と正面から待ち構え、確実に捉える。

圧巻です。

 

他にも、かわらバッタは河原に転がる石にそっくりな灰色のバッタ。

枯れ葉にそっくりな、かれはバッタ。

 

目玉があるように見える蛾の仲間。鳥を驚かせ、身を守る。

なかにはフクロウの顔にそっくりな羽をもつものまで。

 

ちなみに、本の表紙は、おすもうさんにそっくりな!?

じんめんかめむしです。こんな鮮やかで人のような顔の模様のかめむしは見たことがありません。マレーシアなどの東南アジアに生息しているようです!

 

f:id:kiko_book:20210408112724j:plain

むしのにんじゃたち

対象が3歳~5歳になっています!

虫が大好きなお子さんに、普段見かけないレアな、かくれんぼが上手な虫を集めた

図鑑になります。

ちょっと大人の私は写真とわかっていても、ぞわぞわっとします笑

子どもの時は虫取り大好きで、蝉も手づかみでとるような子でしたが、

今は怖くて、網でとったせみを掴める気がしません。。。。

また、慣れるのかな?(^-^;

 

 


【中古】 むしのにんじゃたち ふしぎだな?ブック5/海野和男 【中古】afb

たまごって ふしぎ

f:id:kiko_book:20210407101443j:plain

たまごってふしぎ

私たち人間はママのお腹から産まれてきたと知っているけど、

 

他の動物も、人間と同じようにすでに母親のお腹の中でカタチになって生まれてくるものと、

 

卵から生まれるものがあって、子供の時特に不思議だったのは、

 

ほとんどの魚が卵で誕生するのに、イルカやくじらは人間のように生まれてくること。

 

その違いがよくわからなかったことを記憶している。

 

それから小さな生き物が卵なのかなっと、子どもながらにカタゴライズしていたら、

 

恐竜は人間よりはるかに大きいのに、卵で生まれてきたり、

 

卵って不思議だ。カラスの卵は大人になるとあんなに黒いのに、

 

卵は黒でもなく、白でもなく、まるでミントチョコのようなきれいな色だったり、

 

大きさも、色も、模様も様々だ。

 

この絵本の中にも、ハチドリの卵、ガチョウの卵、カエルの卵、魚の卵、

 

サギの卵、フクロウの卵、蜂の卵、蟻の卵、ハリモグラエミュー

 

ペンギンやカモメ、カモノハシ、ダチョウ、ウミガメ、ヘビやトカゲ、

 

ワニも恐竜も卵で産まれてくるんだよ~といろんな卵、動物が登場する。

 

生命の不思議を教えてくれる絵本です!

 

f:id:kiko_book:20210407102548j:plain

たまごってふしぎ

f:id:kiko_book:20210407102624j:plain

たまごってふしぎ

《著者紹介》

作:アリス&マーティン・プロベンゼン

夫のマーティンは1916年、妻のアリスは1918年、ともにアメリカ・イリノイ州シカゴ生まれ。2人とも、アート・インスティチュート、カリフォルニア大学を卒業。

マーティンは1938年、ウォルト・ディスニー・スタジオに入り、アリスは1942年、

カリフォルニアのウォルター・ランツ・スタジオでアニメーションの仕事に就く。

その後、2人は出会い、1944年に結婚。ニューヨークに拠点を移し、子どもの本を描き始める。1984年に『栄光への大飛行』(BL出版)でコルデコット賞を受賞。

その他の作品に『いろいろ こねこ』(講談社)、『かえでがおか農場のいちねん』(ほるぷ出版)など多数。

※絵本より引用

 

 

ほね、ほね、きょうりゅうのほね *バイロン・バートン

f:id:kiko_book:20210406103610j:plain

 

ほね、ほね、きょうりゅうのほね

まずこの極彩色な派手な表紙に目を奪われました笑

骨って白いので、周りにこんだけの原色で囲まれていると、嫌でも浮き上がります。

 

白さ際立つ~♪←どこかの洗濯用洗剤のCMみたいに。

絵本のお話は、恐竜の骨を発掘し、バラバラに見つかったパーツをみんなで土から

 

掘り起こして、キレイに布でくるんで、壊れないように大きなトラックにのせて、

 

持って帰り、自然科学博物館に運び、そこで、骨をキレイに手入れして、

 

頭の骨、背骨、足の骨、肋骨と順番にはめ込んでいき、組み立てていきます。

 

すべての骨を順番にはめ込みながら、完成したのは、、、、、

 

ティラノサウルスでした!!!というお話。

 

人の何倍もある恐竜が、地球に生きていたなんて想像もつかないですが、

 

博物館で恐竜の骨を見た時に、どうやってこれを掘り起こして、

 

どのようにして運び、博物館の中にまねき入れたのか不思議に思った子供時代。

 

その博物館に展示されるまでの、途方に暮れるほど長い道のりを、描いて、

 

紹介している絵本です!

 

f:id:kiko_book:20210406105022j:plain

ほね、ほね、きょうりゅうのほね

f:id:kiko_book:20210406105106j:plain

ほね、ほね、きょうりゅうのほね

f:id:kiko_book:20210406105145j:plain

ほね、ほね、きょうりゅうのほね

こうした恐竜の研究員!?考古学者!?の職業にフォーカスした絵本は、

 

ありそうでなかった視点かもしれません。

 

子どもが夢中で読んでいました。

 

博物館で骨をみたことはあっても、それがどんな場所から見つかり、

 

どのように採掘して、組み立てるのか、その過程を見ないので、

 

興味深かったようです(*^-^*)

 

 

《著者紹介》

 作:バイロン・バートン

1930年、アメリカのロードアイランド州生まれ。ロサンゼルスの美術学校で学び、

テレビ局で、デザインやイラストの仕事をしたのち、1970年から絵本作品を発表。

依頼、シンプルで、明るい色彩の絵は、たくさんの子どもたちを魅了し続けている。

 

 

 


ほね、ほね、きょうりゅうのほね 【バーゲンブック】

 

くるまがいっぱい!

f:id:kiko_book:20210405120543j:plain

くるまがいっぱい!

今回このブログに載せていないのですが、

 

一番最初のページと最後から2番目のページに、どうぶつを乗せたトラックが

 

描かれていて、私はてっきり同じトラックだと思って絵を見ていたら、

 

少しずつ色合いが違ったり、

 

運転手さんにおひげがあったり、なかったり、眼鏡していたり、していなかったり

 

まるで間違い探しのよう。(子供が気が付き教えてくれました(*^^)v)

 

細部をよくよく見ると、まったく違う車だったようで、

 

遊び心が他のページにもひょっとしたら隠れているかもしれません。

 

 

 

f:id:kiko_book:20210405120717j:plain

くるまがいっぱい!

f:id:kiko_book:20210405120909j:plain

くるまがいっぱい

動物を乗せたトラックに、スクールバス、買い物をするお母さんの車、

 

タンクローリ、電話線の修理車、レッカー車、タクシー

 

ジープ、警察車、石炭車、消防車、キャンピングカー、郵便車、

 

アイスクリーム屋の車、花屋の車、長距離バス、

 

いろんな車の色んなシュチエーションを切り取って、1冊にまとめた絵本です。

 

絵がとてもおしゃれで、かわいらしいので、女性(ママ)にも、

 

手を取りやすい乗り物絵本かなと思います。

 

また、作者がイラストレーターなので、絵が主役の絵本といった感じで、

 

それぞれのページの車たちがそのままポストカードになりそうです!とてもおしゃれ♪

 

 

《著者紹介》

作:リチャード・スキャリー

アメリカ児童文学作家、イラストレーター。

世界中で愛されているロングセラー本を数多く持つ。邦訳作品に『うさぎのニコラス』、『あかちゃんうさぎとパパ』、『おやすみなさいくまくん』、『ぼくたちのプレゼントはどこ?』、『あいさつできるよ』、『うさぎくんとママ』、『おなかがすいたよジョーンズさん!』(全て好学社)など。

※絵本より引用

 

 


くるまが いっぱい!

 

くるぞくるぞ しんかんせん

f:id:kiko_book:20210402111011j:plain

くるぞくるぞしんかんせん

こちらの絵本は一言で言えば、『未就園児からみる新幹線&電車図鑑の絵本』です!

 

日本各地の電車や新幹線を集めた図鑑はあるけれど、それは幼児以上向け。

 

どこを走っていてとか、時速〇〇㎞で・・・と、

 

スペックがつらつらと書かれているものが多い。

 

こちらは絵本に実写の電車、新幹線を乗せたようなデザインになっていて、

 

くるぞくるぞ~!や、びゅーんや、ガタンゴトン、カンカンカンカンと踏切の効果音などが、文字に起こされている。

 

かぎりなく写真図鑑のような絵本です。

 

主要な有名な新幹線と電車、蒸気機関車が載っているので、

 

薄くて軽く、おでかけの際の、子どもの暇つぶしにもピッタリです。

 

f:id:kiko_book:20210402111755j:plain

くるぞくるぞしんかんせん

f:id:kiko_book:20210402111815j:plain

くるぞくるぞしんかんせん

f:id:kiko_book:20210402111837j:plain

くるぞくるぞしんかんせん

f:id:kiko_book:20210402111910j:plain

くるぞくるぞしんかんせん

新幹線に、特急電車、普通電車、蒸気機関車の種類が絞られて、紹介されています。

 

小さなお子さんでも飽きずに集中して最後まで絵本を見ることができます。

 

また、種類だけを紹介しているだけでなく、

 

新幹線がトンネルの出口から走ってくる姿のページや、

 

普通電車が踏切を通る姿のページなど、

 

新幹線や電車の通過するシュチエーションがそれぞれに観られるのも、

 

この絵本の素敵なところ。

 

《著者紹介》

おがの みのる(小賀野 実)

1958年12月、群馬県生まれ。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業。

社員カメラマンを経て、1990年からフリー。乗り物や子どもの世界を幅広く撮影・取材、学習雑誌や図鑑絵本、旅行誌などを中心に活動している。改訂新版3さいからの

のりものずかんシリーズ『のりもの』『はたらくくるま』(ひかりのくに)など

著書多数。日本鉄道写真作家協会会員。

 

 


くるぞくるぞしんかんせん

 

あさえとちいさいいもうと

f:id:kiko_book:20210401154514j:plain

あさえとちいさいいもうと

”あさえが家の前で、ひとりで遊んでいると、おかあさんが玄関から出てきて、

 

銀行にいってくるね。あやちゃんは今おうちの中で寝ているから、

 

起きるころまでには帰ってくるからねと、あさえは妹と二人でお留守番することに。

 

しばらくすると、家の中からあやちゃんの泣き声して、ドアを開けると、

 

あやちゃんが裸足で外に出て来ました。

 

あさえは、あやちゃんに靴をはかせ、家の前で遊んであげました。

 

ポケットの中のチョークを取り出して、地面の上に線路をかきます。

 

f:id:kiko_book:20210401160035j:plain

あさえとちいさいいもうと

 

あやちゃんと電車ごっこです。

 

f:id:kiko_book:20210401160050j:plain

あさえとちいさいいもうと

 

あさえは長い線路をかき、線路だけでは物足りず、山やトンネル、踏切を

 

夢中でかきました。あさえがふと顔を上げると、さっきまで、そばにいた

 

あやちゃんの姿がどこにも見当たりません。

 

近くで自転車が急ブレーキをかける大きな音が聞こえ、胸がはげしくなりました。

 

あさえはどうしよう?と駆け出しました。

 

大通りで自転車とぶつかったのは、あやちゃんではありませんでした。

 

『そうだこうえんだ!』とあさえは、お母さんとあやちゃんとよくいく公園へ、

 

向かいます。あさえは遠くに小さな女の子を見つけました。

 

『あやちゃん!!』と声をかけますが、おんなのこはずんずんと いってしまいます。

 

あさえはスピードをあげて近づきましたが、その子は全然知らないよその子でした。

 

あさえはまた走り出しました。

 

ちょうど角にかかったときに、ちいさな子どもの泣き声が聞こえてきました。

 

その途端、曲がり角から ぬぅっと、おとこのひとが あらわれました。

 

おとこのひとが、おんなのこを ひきずっています。

 

あさえは息をのみましたが、やはりしらないよその子でした。

 

お父さんが駄々をこねる女の子に、話しかけています。

 

あさえはまたかけだしました。

 

そして公園に近づくと、『いた!』 ついに公園にあやちゃんがいました。

 

すなばでしゃがんで、遊んでいます。

 

今度こそまちがいなく あやちゃんです。

 

あさえにきがつくと、あやちゃんはにこっと笑って、

 

砂だらけの手をあげました。

 

あさえはぎゅっとあやちゃんを抱きしめました。”

 

 

あさえの目の高さで終始描かれる世界は、

 

トラックが大きく見え、大通りは途方にくれるほど、向こう岸が遠く、

 

小さな妹がこんな大通りを一人で渡ったのかと思うと、めまいがするような、

 

大冒険。小さな子は本当に突然、どうしたらそんなに遠く行けるのかと思うぐらい、

 

ずんずんと前へ進んでいってしまう。

 

大人がはーはーと息を切らしながら登る丘も、子どもは疲れ知らずで、

 

すいすいと上がっていく。

 

あさえは小さな心で、必死で妹を守ろうと、探す姿に、

 

読んでいる私もハラハラ、ドキドキの連続。

 

とくに兄弟、姉妹がいる子におすすめの絵本です。

 

《著者紹介》

作:筒井 頼子(つつい よりこ)

1945年、東京に生まれる。埼玉県立浦和西高等学校卒業。

童話に『ひさしの村』『いく子の町』(現在品切れ)、絵本に本書のほか、『はじめてのおつかい』『いもうとのにゅういん』『とん ことり』『ながれぼしをひろいに』『おでかけのまえに』『おいていかないで』(以上福音館書店)などがある。宮城県在住。

 

絵:林 明子(はやし あきこ)

1945年、東京に生まれる。横浜国立大学教育学部美術科卒業。

『かみひこうき』が初めての絵本。筒井頼子さんとの絵本のほかに、『ぼくのばん わたしのばん』『きょうはなんのひ?』『おふろだいすき。』『はっぱのおうち』『10までかぞえられるこやぎ』、自作の絵本に『まほうのえのぐ』『こんとあき』『くつくつあるけのほん(全4冊)』『クリスマスの三つのおくりもの(全3冊)』『でてこいでてこい』、幼年童話に『はじめてのキャンプ』がある。挿絵に、『魔女の宅急便

『なないろ山のひみつ』(以上福音館書店)がある。長野県在住。

 

 


あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)