★KIKOがお勧めしたい絵本の世界★

年間200冊読んで、人にお勧めしたいと思った絵本を紹介します♪

みんなそれぞれ

f:id:kiko_book:20220125094819j:plain

 

コラージュのような絵が印象的で、とてもおしゃれ。

 

絵をじっくりみたい絵本なので、言葉を読んで、絵だけを次に見て、

 

また交互に読んだり、見たりして、何度も読みなおしました笑

 

みんなそれぞれあるく、みんなそれぞれにとぶ

 

みんなそれぞれにはしり、みんなそれぞれにのびる、

 

おどる、まよう、かくれる、おどる、たべる、みる。

 

同じ音の言葉なのに、人だったり、動物だったり、怪物だったり、乗り物だったり、

 

同じ人でも立場が違えば、同じ言葉でも、全く違った状況、ニュアンスになる。

 

日本語は難しくて、そして深く、面白い。

 

例えば、『それぞれにあるく』では、

 

はりきって手を振りながら歩く人、歌いながら歩くフラミンゴ、

 

気持ちの良い風を感じながら歩く人、人生の雨に打たれながらうなだれて歩く人、

 

たまにあるくかもしれない木だったり、大きて優しい怪物は、何かを踏まないように、

 

身体は大きいのに、慎重に歩いたり、踏まれないように、ハリで身を守りながら歩く

 

ハリネズミ、ガォーと怒りながら歩くライオン、無理して竹馬に乗って歩く動物、

 

生まれて初めて歩く仔馬、それを見守りながら一緒に歩く親馬、どこまでも歩く旅人。

 

同じ歩くでも歩幅も違えば、速さも違う。歩く目的も違えば、向かうゴールもみんな

 

それぞれ。

 

『みんなそれぞれにおどる』では、

 

必死におどるブタ、酔ぱらっておどるタコ、うれしくておどるネコ、

 

天気がよくておどる女の子、息をあわせておどるバレリーナのうさぎ、

 

うさぎたちにまぎれておどるオオカミ、こころもおどる人。

 

心が躍っている人は、見た目には踊っているのがわからないかもしれない。

 

日本語の多彩な表現、豊かな感受性に触れました。

 

同じ音の言葉を切り口に、みんなのそれぞれを描いている。

 

同じ人は一人としていないし、比べられるものではない。

 

みんなそれぞれに生まれて、それぞれの人生を生き、

 

それぞれに悩み、それぞれに考え、それぞれに出会い、

 

それぞれに迷う。時には、みんなそれぞれに夢をみる。

 

みんなそれぞれに違うから、面白いし、尊い

 

地球に生きるすべての生きものたちを、ありのままに肯定してくれる

 

一冊です(*^-^*)子どもにもこの絵本のような大きな視野と、

 

優しさを持ってもらえたらいいなと思い読み聞かせしました。

 

《著者紹介》

作:tupera tupera(ツペラ ツペラ)

亀山達矢と中川敦子によるユニット。絵本やイラストレーションをはじめ、工作、ワークショップ、舞台美術、アニメーションなど、様々な分野で幅広く活動中。NHK Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」では、アートディレクション担当。絵本『しろくまのパンツ』(ブロンズ新社)は、第18回日本絵本大賞読者賞を受賞。主な著書に、『木がずらり』(ブロンズ新社)、『かおノート』(コクヨS&T)、『ワニーニのぼうけん』(婦人之友社)、『やさいさん』『ぼうしとったら』(以上、学研教育出版)、『いろいろバス』(大日本図書)、『パンダ銭湯』(絵本館)など。

※絵本より引用

 

【作:tupera tupera 出版社:PHP研究所

 


みんなそれぞれ

 

ちいさな1

f:id:kiko_book:20220124101128j:plain

 

数字のちいさな1。

 

いつもひとりぼっちで、仲間をさがしている。

 

でもどの数字と一緒にいようとしても、断られてしまう。

 

どの数字も1より、自分の方が数が大きくて優れているとばかりに、

 

1を相手にしない。

 

ちいさな1は、足して、他の数字になろうとした。

 

でも上手くいかなかった。

 

もうこのまま独りぼっちなのかなぁ~と落ち込んでいると、

 

そこに、まっかなわっかがやってきて、

 

僕の隣にならんでごらん?と言った。

 

0と1が並んで、10になった。

 

小さな1も、ありのままの自分で、0の横に並び10になることができた。

 

2人は一緒に遊んだ。

 

0もまた、1がいることで、ゼロ「無」ではなくなった。

 

シンプルなデザインとおしゃれな装幀。数字たちが主役の絵本だけれど、

 

無機質な数字なのに、とてもポップに、いろんな数字の表情豊かに描かれていて、

 

面白い絵本です♪

 

ちいさな1は、自分というありのままの存在で、0と一緒になり、

 

存在価値を見出しました。そしてお互いがありのままでいられ、

 

それぞれを引き立てることができる。支え合うことができる唯一無二の存在に。

 

谷川俊太郎さんの訳は、当たり前にあるものが、新しい価値を見出し、

 

それでいて、ストンと心の中に違和感なく納まっていくから不思議。

 

新しい視点は数字で書き表せないほど、無限にあるのかもしれない。

 

奥行きを感じさせる絵本です(*^^)v

 

《著者紹介》

作:アン・ランド

建築家として著名なファン・デル・ローエの大学で学ぶ。何冊もの子どもの本も書き、彼女の想像性豊かで遊び心のある文章は、多くの子どもたちを魅了してきた。

 

作:ポール・ランド

1914年、ニューヨークに生まれる。23歳で雑誌「アパレル・アーツ」「エスクァイア」のアートディレクターに抜擢される。その後13年にわたりニューヨークの広告会社のクリエイティブディレクターを務める。1954年アメリカのアート・ディレクター・ベスト・テンの一人に選ばれる。1956年よりIBM、他のコンサルタント、1958年よりイェール大学美術学部で強靭をとり、現在はグラフィックデザインの名誉教授を務める。デザイン作品、著書、雑誌に発表した論文、実地指導を通して、アメリカ及び世界のタイポグラフィー・デザインの傾向に多大な影響を与える。グラフィックデザインの各分野で数多くの輝かしい賞を贈られているだけでなく、英国芸術学士院、ロンドンの王室工業デザイナーの称号も持ち、アメリカ、ヨーロッパ、日本を初め世界中の美術館に作品が永久保存されている。

 

訳:谷川俊太郎

詩人。1931年東京に生まれる。1952年に『二十億光年の孤独』を発表。以後『夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった』『定義』『魂のいちばんおいしいところ』『女に』など多くの詩集がある。マザーグースの翻訳他、『ことばあそびうた』『みみをすます』『はだか』『ふじさんとおひさま』などの詩集、また絵本の翻訳、テキストなど、子どもの世界と関わる作品の数多い。

 

※絵本より引用

【作:アン・ランド&ポール・ランド 訳:谷川俊太郎 出版社:ほるぷ出版

 

 

 


ちいさな1

しあわせなクレヨン *丸山陽子

f:id:kiko_book:20220121093220j:plain

 

クレヨンにとっての幸せってなんだろう?

 

ルーカスという少年の元に新品のクレヨンたちは、期待に胸をふくらませ、

 

少しドキドキしながらいきました。

 

ルーカスは最初に黄緑のクレヨンを取り出し、白い紙に草を描き、

 

茶色のクレヨンと一緒に大きな木を描きました。

 

ピンクのクレヨンで、枝にお花も咲かせました。

 

3本のクレヨンは少し短くなって箱の中に帰ってきました。

 

でも、みんなとても嬉しそうです。

 

季節が夏になると、ルーカスは白い紙に、

 

水色のクレヨンで海を描き、青色のクレヨンでボートを描きました。

 

つかわれたクレヨンたちは少し短くなって、やはりうれしそうな顔をしています。

 

秋になるとたくさんのクレヨンをつかってハロウィンの絵を描きました。

 

そのあともルーカスはたくさんの絵を描き、みんなとても短くなりました。

 

しかし、だた一人、白色のクレヨンは一度も使われることはありませんでした。

 

冬になる頃には、みんな白以外のクレヨンは、すっかり短くなってしまい、

 

ルーカスは新しいクレヨンを欲しがりました。

 

もう古くなったクレヨンたちは、フリーマーケットに出品されることに、

 

しかし、なかなか売れません。

 

売れなかったら捨てることになっています。

 

クレヨンたちはとても悲しく、不安な気持ちになりました。

 

そのときエマという少女が、クレヨンの箱を見つけ、私のほしかったクレヨンがある!

 

といって持ちかえりました。

 

エマは白い色のクレヨンで真っ白な紙に、絵を描き、その上を絵具で塗ると、

 

白いクレヨンが絵具をはじき、画用紙に白い線が浮かび上がりました。

 

エマが空を描けば、白いクレヨンは星になり、

 

海を描けば、くらげになり、魚になり、水の中の泡になり、

 

森を描けば、ユニコーンになりました。

 

そして雪が降った日、白いクレヨンはたくさん使われました。

 

あたり一面雪景色です。白いクレヨンは短くなりましたが、

 

とっても幸せそうでしたというお話です☆彡

 

クレヨンの中では、一番出番が少ない白色が、主役になったお話。

 

子どもは、白色のクレヨンは絵具と一緒に描くと、

 

ちゃんと見えるんだね~と発見し、さっそくやってみたい!と大喜びでした。

 

色画用紙に描けば、絵具がなくても、絵が描けることも知り、

 

他のクレヨンを描いた後に、白色を重ねて塗ると、柔和なパステル調の

 

色に変化したり、白色が我が家でも大活躍し、しあわせなクレヨンになりました☆

 

少し視点を変えたり、工夫すると、どの色も活躍できる、

 

互いの個性を生かすことができることをクレヨンを通して教えてくれる一冊です☆

 

【作・絵:丸山陽子 出版社:BL出版

 

 

 


しあわせなクレヨン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆきのひ

f:id:kiko_book:20220109153948j:plain

 

雪がめったに降らない地域に住んでいるので、数年に1度降りつもる雪は、

 

子どもの時からずっと憧れで、特別でした。

 

朝を起きて、窓の外に広がる雪景色に、どれだけ高揚したことか。

 

抑えられない気持ちが、寒さを忘れさせ、いつまでも遊んでいたのを思い出します。

 

初めて雪の上を歩いたときの キュッキュという音。

 

自分の足跡ができる楽しさ。両足で引きずりながら滑りながら歩いたこと、

 

線路見たいな足跡ができたこと、友達と一緒に雪だるまを作ったこと。

 

それが解けてしまうのが悲しくて、冷蔵庫に入れてっと泣きながらお願いしたこと。

 

降り積もった雪を手ですくって、口に入れて、かき氷みたいに食べたこと。

 

たくさんのキラキラとした思い出が、鮮明に思い出されます。

 

ゆきのひに登場するピーターも、降り積もった雪に、

 

ワクワクしながら、雪だるまをつくったり、雪がつもった山に登って、

 

滑り降りたり、雪だんごを作って、コートのポケットにそっと入れておうちに持って帰り、

 

それがいつの間にか、解けて消えがしまった悲しさなど、

 

ピーターの気持ちに一喜一憂するように

 

読み聞かせしていました。

 

ピーターの表情に注目してみてみると、

 

そんなにピーターの表情が明確に描かれていなくて、驚きました。

 

こんなにも感情豊かに、物語りに引き込まれるのに、

 

ピーターの表情は横顔だったり、後ろ姿で見えないものばかり。

 

自分の遠い記憶が蘇り、作品と重なり一つになった瞬間でした。

 

読み聞かせしながら、感動している自分がいました。

 

子どもにもこの絵本のような、

 

ゆきのひのキラキラした思い出を作ってあげたいなと思いました。

 

コルデット賞受賞作品です。

 

《著者紹介》

作:エズラ=ジャック=キーツ

1916~1983年5月。ニューヨークの下町に生まれ、独学で絵の勉強をする。35歳頃から

子どもの本の挿絵を描き始め、1963年に文・絵ともに自作の絵本『ゆきのひ』でコルデット賞(アメリカの年間最優秀絵本賞)を受賞。以後『ピーターのいす』『ピーターのくちぶえ』等、十数点の絵本を発表し、子どもの心の内面を新鮮な目で捉え、詩情ゆたかに表現した絵本作家として、世界的に高く評価された。

 

訳:木島 始(きじまはじめ)

1928年京都市に生まれ、東京大学英文科を卒業。詩人・作家・英文学者として幅広く活躍。自作の詩集の他、現代詩のアソソロジー『地球にいきるうた』の編纂、創作に『やせたぶた』『考えろ丹太!』、絵本の翻訳に『はなをくんくん』『ゆきのひ』等。2004年没。

※絵本より引用

【作・絵:エズラ・ジャック・キーツ 訳:木島始 出版社:偕成社

 

 


ゆきのひ―キーツの絵本 (新訳えほん)

ヒギンスさんととけい *ハッチンス

f:id:kiko_book:20220119100204j:plain

 

全体的にオレンジ、黄色、緑のカラーで統一されたページは温かみがあって、

 

時間という無機質なものに、ぬくもりを与えてくれている。

 

この絵本の物語がとてもユーモアがあり、共感でき、

 

時間という概念がまだない子どもたちに、そっと寄り添ってくれる一冊です。

 

ヒギンスさんは、屋根裏部屋で、大きて立派な時計を見つけ、

 

ちゃんと時間があっているのか、調べようと、もうひとつ時計を買ってくることにしました。

 

その時計を寝室に置き、ちょうど3時でした。

 

屋根裏部屋にあがり、時計を確かめにいくと、時計は3時1分でした。

 

ヒギンスはどちらの時計が正しいのか分からず、またもう一つ時計を買うことにしました。

 

その時計は1階の台所に置くことにしました。時計は4時10分前でした。

 

ヒギンスさんはいそいで屋根裏部屋にかけのぼると、

 

時計は4時8分前をさしています。

 

いそいで寝室にいくと、4時7分前でした。

 

ヒギンスさんはどの時計が正しいのかさっぱりわからなくなり、

 

また一つ時計を買い、玄関に置きましたが、またすべての時計の時間がわずかずつ

 

ずれているようです。

 

困り果てたヒギンスさんは時計屋さんに飛び込み、部屋にあるすべての時計の

 

時間が違い、困っていると相談にいきました。

 

時計屋さんは、ヒギンスさんのおうちに行き、時計を確認してくれました。

 

持っていた懐中時計と照らし合わせ、4つの時計が置かれている部屋に行き、

 

確かめると・・・・なんとどの時計も時間はぴったり正確でした。

 

ヒギンスさんは自分が部屋を移動している間に、

 

時間が進んでいることに気が付かなかったのです。

 

そこでヒギンスさんは、また時計屋さんに行って、今度は首が下げられる懐中時計を

 

買いましたというお話です。

 

これは大人でも似たような失敗をすることがあり、苦笑いでしたが、

 

子どもはこのお話がとても気に入ったようで、何度も読んでいました☆

 

ヒギンスさんが移動している間に時間が変わったってことだよ~と説明すると、

 

ようやくそこで理解できたようでした。

 

時計がどんどん増えて、家中が時計だらけになっていくさながらが面白いようです!

 

時計の時間をただ読むというだけでなく、時間軸という概念を知るきっかけになる

 

絵本です(*^-^*)

 

今もこうして絵本を読んでいる時間も、刻々と移り変わり、

 

変化し続けている、ハッチンスがユーモアと一緒に

 

子どもに伝えたかった倫理が時とともに子どもたちの心に刻まれていきます。

 

 

 

《著者紹介》

作・絵:パット・ハッチンス

パット・ハッチンスは、イギリスのヨークシャーに生まれました。『田舎で生まれ育ったことが、私の作品にすごく影響を与えています』と、彼女は語っています。地方の美術専門学校を卒業してから、リーズ美術専門大学で学びました。「私は子どもだからといって、調子を下げるつもりはありません。ただ、物語が論理的にきちんとしていることを心がけています。」と、話しています。

※絵本より引用

 

【作・絵:パット・ハッチンス 訳:たなかのぶひこ 出版社:ほるぷ出版

 

 

 


ヒギンスさんととけい

あいさつってたのしい

f:id:kiko_book:20220118101222j:plain

『おはよう』、『こんにちは』、『こんばんわ』、『ありがとう』、『ごめんなさい』

 

『おやすみなさい』、『さようなら』、『いただきます』。

 

あいさつをするだけで、笑顔になったり、ともだちになれたりする。

 

短い言葉はまるで、人と人を結ぶ魔法の言葉のよう。

 

この絵本は、あいさつをするたびに、子どもたちが、いろいろな動物に変身していくのが、

 

とても楽しい絵本です(*^-^*)

 

例えば、おはようと言いながら、口をすぼめたら、鳥になったり。

 

ご飯を食べる時にいただきますと言いながら手を合わせたら、

 

リスさんになちゃった(木の実を食べるリス)。

 

お友達にごめんねと頭を下げたら、ペンギンさんになっちゃたり。

 

おやすみなさいとゴロゴロ寝転がったら、ネコになっちゃたり。

 

あいさつは大事と教えられていても、大人にやらされていると思うと、

 

途端につまらなくなってしまうもの。

 

また、あいさつする言葉だけでなく、動作も一緒に、動物の特徴的な動きと

 

一緒に教えたら、なりきりまねっこ遊びみたいで、楽しくあいさつが身に付きそうな

 

絵本です!

 

子どもと今度はどんな動物に変身するかな~?と話しな、ら楽しく読み聞かせできました!

 

あいさつってたのしい~と感じられたら、あいさつが好きになる。

 

あいさつを楽しく身に着ける、身近にしてくれる絵本です(*^^)v

 

言葉も少なく、絵は大きく、インパクトのある動物の絵が、

 

ページいっぱいに描かれている元気な絵本です。

 

3歳ぐらいから読み聞かせに最適かと思います☆彡

 

《著者紹介》

文:石津ちひろ(いしづちひろ

1953年愛媛県生まれ。絵本作家、詩人、翻訳家。3年間のフランス滞在を経て、執筆に従事。『なぞなぞのたび』(フレーベル館)でボローニャ児童図書展絵本賞、『あしたうちににこがくるの』(講談社)で日本絵本賞、『あしたのあたしはあたらしいあたし』(理論社)で三越左千夫少年詩賞を受賞。ほかの作品に『まさかさかさま動物回文集』(絵・長新太/河出書房新社)、訳書に『リサとガスパール』シリーズ(ブロンズ新社)、『あおのじかん』(岩波書店)ほか多数。

 

絵:松田奈那子(まつだななこ)

1985年、北海道生まれ。画家。絵本作家。個展、グループ展にて作品を発表しながら、絵本製作、広告・書籍の装丁画や挿絵を手掛ける。子ども向けの造形教室やワークショップも多数開催している。第1回白泉社MOE絵本グランプリを受賞。絵本作品に『ちょうちょ』(文・江國香織/白泉社)、『くらべっこしましょ!』(文・石津ちひろ/白泉社)、『やさいぺたぺたかくれんぼ』(アリス館)など。2015年~2017年の2年間北アフリカのモロッコで生活。体験を絵日記『モロッコ滞在帖』に記録。

※絵本より印象

【文:石津ちひろ 絵:松田奈那子 出版社:小学館

 

 


あいさつって たのしい: ぴっかぴかえほん

ぼくがきょうりゅうだったとき

f:id:kiko_book:20220117140718j:plain

 

色鉛筆かクレパスで描かれた優しくて、ファンタジックな絵。

 

おじいちゃんから、誕生日にプレゼントされたきょうりゅうのパジャマ。

 

さっそくきょうりゅうのパジャマを着て、男の子は外にでかけてみることに。

 

いつも遊んでいる公園に行くと、みんなこわがって逃げちゃった。

 

ぼくひとりぼっちになり、さみしくブランコをこいでいると、

 

夕方の公園に現れたのは、なんと本物の恐竜。

 

一緒に遊ぼうと誘われ、ブランコをしたり、滑り台をすべったり、

 

男の子は遊具のトンネルをくぐると、

 

そこは恐竜の世界へつながっていた。

 

草食恐竜の島は、おいしい果物で溢れ、素晴らしい世界だった。

 

みんなとすっかり仲良くなって遊んでいると、向こう岸から肉食恐竜のティラノサウルス

 

お腹をすかせてやってくる。

 

川を渡ってくるティラノサウルスを、石を落として追い払い、

 

草食恐竜たちは、男の子の勇気を褒めた。

 

そして夕方になり、また洞窟のトンネルを恐竜たちと一緒にくぐると、

 

そこは、いつもの公園に戻っていた。

 

そして、なぜかお友達みんな、きょうりゅうのパジャマを着ていて、遊んでいた。

 

不思議で楽しい、一日になりましたというお話。

 

夢にあふれていて、恐竜の世界と現実の世界をいったり来たりできるトンネルが、

 

どこかにあるかもしれません。

 

子どもが読んでいてワクワクするような、冒険物語になっています。

 

身近な公園が舞台になっているのがいいですね☆

 

最後、お友達がみんな恐竜のパジャマを着ていた下りも意外性があってとても好き(*^-^*)

 

子どものワクワク、瑞々しい感性を視点に描かれた一冊です!

 

寝る前の読み聞かせに読んだら、いい夢が見られそうです^^

 

《著者紹介》

作:まつおかたつひで(松岡達秀)

1944年、新潟県長岡市に生まれる。自然をテーマに多くの本を発表している。自身の新潟中越地震被災体験をもとに「震度7新潟県中越地震を忘れない」(サンケイ児童出版文化賞受賞)『モグラはかせの地震たんけん』(以上ポプラ社)を発表。

『野遊びを楽しむ 里山百年図鑑』(小学館)で第58回小学館児童出版文化賞、『すばらしい世界の自然』(大日本図書)で厚生省児童福祉文化賞、『熱帯探検図鑑』(偕成社)で絵本にっぽん賞、『ジャングル』(岩崎書店)で厚生省児童福祉文化賞と科学読物賞を受賞。他に『あまがえるとうさんといくはじめての昆虫採集』『まだかな』『だあれだ』『ともだちになって』『いたいよいたいよ』『ぴょーん』『あな』『あしあと』『しりとり』『うんちだよ』『ごろんごろん』『うわーっ』(以上ポプラ社

『くるくるくるみ』(そうえん社)『山猫たんけん隊』(偕成社)『ゆきやまたんけん』(福音館書店)などがある。

※絵本より引用

【作:まつおかたつひで 出版社:ポプラ社

 

 


【新品】ぼくがきょうりゅうだったとき ポプラ社 まつおかたつひで/作・絵