★KIKOがお勧めしたい絵本の世界★

年間200冊読んで、人にお勧めしたいと思った絵本を紹介します♪

幼児におすすめ絵本

ひかり、あじ、おとがイタイんです

NHKふつうってなんだろう?のショートアニメを書籍化した作品。 ”ふつう”って人それぞれで、実は何が普通かはよくわからないし、 普通なんて本当はあってないようなものかもしれません。 あなたの普通と、わたしの普通は、感じ方だってちがう。 発達障がいや…

トイレの神様

歌手の植村花菜さんのが楽曲『トイレの神様』が生まれた、 大切な祖母との思い出&約束を丁寧に描いた絵本です。 トイレには美しい神様がいて、トイレ掃除をしていると、 自分もべっぴんさんになれるよという祖母の教えが元になっている。 思春期に祖母や家…

チョコレートをたべたさかな  

少年が橋の上からチョコレートを落とし、その茶色のかけらを食べるまで、 さかなは魚でいることに幸せを感じていた。 自由に広い水の中を泳ぎ、流れに身をまかせ、どこにでも行くことができた。 そんなある日少年が落とした、チョコレートをひとかけら食べた…

あなた

わたしではない、わたしの一番ちかくにいる”あなた”という存在。 あなたにとって、大切な”あなた”は何人いるだろう? おかあさんのお腹の中から生まれて、 わたしとおかあさん(あなた)になった。 わたしとおとうさん(あなた)になった。 それから大好きな…

めねぎのうえんのガ・ガ・ガーン!

めねぎ農園の社長すずきさんと、その会社で働く社員の実話です。 blogで紹介されているのを何件か見て、ずっと読みたいと思っていました(*^-^*) このタイトルもインパクトがあります。 めねぎとは、芽が出て間もない細いネギのこと。 農園に特別支援学校の校…

これはすいへいせん

谷川俊太郎さんと、tupera tupera(ツペラツペラ)さんのコラボ絵本。 電車が大好きな息子のお気に入りの絵本です(*^-^*) 言葉がどんどん電車の車両のように連結していきます。 『これはすいへいせん』というフレーズから始まり、言葉がどんどん連結し、 当…

ココとリトル・ブラック・ドレス

世界で知らない人はいないブランド。ココ・シャネル。 そのブランドをつくったココことガブリエル・シャネルの人生を描いた絵本です。 今ではシャネルのアイコンともなっているリトル・ブラック・ドレスが 完成するまでの道のりが描かれています。 孤児院で…

へんてこレストラン

お客さんも、コックさんも、お店も、料理もとにかく奇想天外。 ちょっと食傷気味になるぐらい、へんてこなレストランの数々・・・笑 カバの大好きなカレーレストランは、カバがテーブルに大きな口を開けると、 カバの大きな口の上に、コックさんが直接大量の…

ひとつからはじめよう

人生に行き詰ってしまって、どう歩いたらいいか分からなくなった時、 大人にも子どもにも読んで欲しい絵本です☆彡 いつだって素敵なことは、たったひとつのことから始まり、動き出すことを思い出す。 ”はなでいっぱいの にわも はじまりは ひとつぶのたね” ”…

ぶたのたね  *佐々木マキ

足が遅いオオカミが、どうしてもぶたをつかまえて、食べてみたいと思い、 キツネの博士を頼ることに。キツネの博士からもらったのはピンク色をした、 「ぶたのたね」。さっそく土に植えて、毎日早く育つ薬をふりかけながら、 楽しみに待っていると、みるみる…

くすのきだんちのなつやすみ

くすのきだんちの管理人のモグラのもぐは夏休みも大忙しです。 くすのきだんちの住人のキツネさんは、音楽家で、今日から演奏旅行で留守にします。 もぐが見送りに出ると、今度はかけすの家族が海水浴でお出かです。 昨日はかえるさんが水泳の合宿へ出かけ、…

ねむいねむいねずみと どろぼうたち

佐々木マキさんの「ねむいねむいねずみシリーズ」。 いつも旅をしているねずみは、ねむくてねむてく仕方がありません。 ちょっと休もうと、誰も住んでいないような、ぼろぼろな家を見つけ、 床に落ちていた靴下の中に潜り込んで眠り始めました。 するとそこ…

エディのやさいばたけ

自分の畑をつくってみたいとエディ。 ママも、エディの提案に大賛成。みんなでガーデンショップに行って、 色々な種と、土と、植木鉢を買い集め、畑づくりの始まりです。 野菜は土から、雨から、空気、太陽からたくさんの栄養をもらって大きくなることを 知…

トマトさん

ずっと気になっていた絵本。 表紙から、はみだすほどの大きな大きなトマト。 トマトってこんな顔していたのかな?なんて立ち止まりながら。 夏の太陽に負けないぐらい、真っ赤な顔をしているトマト。 でも、トマトだって夏はやっぱり暑い。 ミニトマトたちは…

おとなりさん

赤い屋根の家に一人で住んでいるニワトリさん。 食べて、遊んで、食べて、遊んで、食べて、寝る、気ままな一人の生活。 そんなある日、青い屋根の家のおとなりさんに、誰かが引越してきたようだ。 でも、昼間何度も家の周りをニワトリさんが歩いても、おとな…

ママ、ママ、おなかがいたいよ

美しい切り絵の影絵芝居が観劇できる絵本。 帽子を探しているお母さんのもとに、お腹がパンパンに膨れ上がった男の子が、 『ママ、お腹が痛いよ!はやくお医者さんを呼んで。』と悲痛な叫び。 すぐにお医者さんを呼んで診察をしてもらうと、 膨れ上がったお…

ババールのしんこんりょこう

黄色い気球に乗って、幸せな新婚旅行かと思っていたら、 ババールとお妃セレストの大冒険のはじまりでした。 みどりが豊かなゾウの国を旅立ち、綺麗な町の風景や、青い海を楽しんでいた二人。 そこへ突然嵐がやってきて、ババールたちを乗せた気球は、小さな…

ウサギのすあなにいるのはだあれ?

ある日、ウサギが自分の巣穴に戻ってくると、 なにやら中から声が聞こえてきて、 「はらぺこぴょんがぶりん、ウサギの耳がだいこうぶつ。ちょっきんときって、くっちゃうぞ~」 ウサギは一目散で逃げます。 そこへ猫がやってきて、助けてあげようとしますが…

フラニーとメラニーしあわせのスープ

森でスープ屋さんを営む、うさぎの姉妹フラニーとメラニー。 姉のフラニーのスープは森で美味しいと評判です。 妹のメラニーは砂糖とお塩を間違えたり、失敗ばかりです。 どうしたら美味しいスープを作れるのだろう?落ち込んでいると、 料理上手のうしのフ…

ほしのおうじさま

大人になってから読んだ原作の星の王子様。 人生を生きるのに大切なことがたくさん散りばめられているシンプルな文章。 シンプルだからこそ、解釈が難しいところもあり。 これを絵本にするとどんな感じなのだろう? 子どもに伝わるかな? と思いながら借りた…

ぼくはうちゅうじん

宇宙人のお話かと思いきや、美しい宇宙と星座のお話でした。 家族でキャンプにきていたボクは、夜明け前に起こしてもらい、 パパとママと夜空を見ながら宇宙や星座の話をしている。 子どものころは、今自分がいる世界が全て、地球は果てしなく大きく、 地球…

おばけのえんそく

おばけのかぞくシリーズの第5弾。 いつもおばけって昼間はどうしているの? おばけってどんなご飯を食べているの? 幼稚園や学校にはいっているのかな? おばけはどんなお仕事をしているのかな? そんなおばけの暮らし、おばけの世界を描く、楽しい絵本シリ…

おさるとぼうしうり

ぼうしを売りあるくぎょうしょうにんがいました。 たくさんの帽子を背中に担いだり、リアカーなどで運ぶのではなく、 頭の上に全部積み上げて売り歩きました。 まず自分の帽子、その上に鼠色の帽子、茶色の帽子、空色の帽子、赤色の帽子と、 自分の背丈より…

のせのせせーの!

表紙からもう素敵なものがいくつも重なり合って奥行きがあり、きれいで うっとりとします。 『のせのせせーの!』という合言葉を唱えると、不思議な情景が浮かびます。 女の子の髪の毛に蝶々がのれば、素敵な髪飾りに変身し、 白いワンピースの上に、丘の花…

マーティンより大きく

弟を思い通りにする兄、そんな兄をぎゃふんと言わせたい弟の兄弟あるある物語です。 背も高くて、力も強い兄、何をどうしたって兄に勝てない弟は、 兄よりもうーんと大きくなって、おやつのケーキを一番大きなものを食べたり、 バスケットゴールにボールを軽…

みんなびっくり

いたずらこざるが、お昼寝していたぞうさんのおしりに、落書きをしました。 うしろからみても、ゾウ。前からみてもゾウ。 お昼寝から起きたゾウさんは、自分のおしりに落書きされていることを知りません。 ジャングルに住むみんなはびっくり、そんなゾウさん…

ばばばあちゃんのやきいもたいかい

ばばばあちゃんシリーズはどれも読者の期待を裏切らない。 とにかく読んでいてワクワク楽しい気持ちになる。 そして子どもの”やってみたい”、好奇心を引き出してくれる絵本です。 やきいもたいかいは、落ち葉をみんなで拾って掃除をしていたときに、 ばばば…

さがそう!マイゴノビートル

ビートルとはカブトムシのことですね! 昆虫は世界中で100万種類以上いて、そのうちの40万種くらい甲虫のなかまがいると 言われてます。 カブトムシは昆虫の中で、この一番種類の多い甲虫に分類されます。 甲虫の中にはカブトムシのように大きな仲間もいれば…

いっぴきぐらしのジュリアン

のねずみのジュリアンは一人気ままに、暮らしていた。 友達はいないし、たった一人の生活を気に入っていた。 地上に出れば、誰かに食べられそうになるし、地下の動物もみんな邪魔に思えた。 地下の抜け穴を通れば、地下に住むうさぎや、あなぐまにも合わずに…

ぶすのつぼ

狂言の「附子」でも有名な日本の昔話です。 美味しい水あめを小僧に食べられたくなくて、和尚は嘘をつきました。 これはぶすといってな、大人が食べれば薬になるが、子どもが食べると毒になる。 決してこの壺には近づいてはならぬと。 たろうぼうとじろぼう…