★KIKOがお勧めしたい絵本の世界★

年間200冊読んで、人にお勧めしたいと思った絵本を紹介します♪

くらくて あかるい よる *ジョン・ロッコ

f:id:kiko_book:20210226100316j:plain

くらくて あかるい よる

表紙の絵本の題の文字が一番黒くて、見えずらい色味なのに、

 

絵本の内容がこの10文字のデザインで一目瞭然です(*^-^*)

 

一見目立たなさそうなのに、

 

文字の”くらくて、あかるい”の反対語のワードのパンチもあってか、目を引きました!

 

f:id:kiko_book:20210226100711j:plain

くらくて あかるい よる

子どもたちはテレビゲームをし、ママはパソコンでお仕事、パパはご飯作りに

 

大忙しのいつもの夜。

 

突然街中が停電し、いつもの夜が、暗闇に包まれた。

 

どこもかしこも真っ暗になり、何も見えない。

 

子どもが『ママ‐』と大きな声で叫ぶ。

 

ママが懐中電灯を持って、現れる。電話やテレビなどの機械がすべて動かない。

 

町も静まり返り、ひっそりとしている。

 

頼りになるのは、懐中電灯とろうそくの灯だけ。

 

パパが壁に向かって手で狼や、ウサギの影をつくってくれた。

 

f:id:kiko_book:20210226101713j:plain

くらくて あかるい よる

 

ペットの猫は、狼の影に驚き、一目散で逃げる。

 

夏の夜、ムシムシとだんだん暑くなってきた。

 

家族みんなで、懐中電灯の灯を頼りに階段を上り屋上から外に出てみた。

 

そこには満点の星空。

 

f:id:kiko_book:20210226101537j:plain

くらくて あかるい よる

外でみんなで空の上のパーティーをしているみたい。

 

したから何か音が聞こえてくる。

 

今度は階段をどんどん下って、家の外に出てみる。

 

表の通りでは、アイスクリーム屋さんが、無料でアイスを配ってくれたり、

 

ギターで歌っている人もいて、お祭りのよう。

 

みんなでのんびり、ゆったり過ごし、やがて明かりが戻ってきた。

 

何もかもいつも通り。パソコンもテレビも、部屋の電気もついて明るい。

 

だけどいつも通りじゃつまらない。

 

パパとママが『じゃあ切るわよ。』とブレーカーを落とすというお話。

 

 

停電が起きたことで、便利な生活が不便に変わった。

 

でも真っ暗な中、ろうそくの小さな灯で、影を楽しんだり、

 

こんなに星って多かったかな?と思いながら、夜空の明るさを知り、

 

外の空気を吸い、別々に行動していた、家族が一つの部屋に集まり、

 

語らう時間ができ、その豊かさ、楽しみ方を見つけました。

 

大人になっても停電は少しワクワクします。

 

キャンプファイヤーの炎だったり、蝋燭の小さな灯は時間を忘れて、

 

見ていられる程癒しを与えてくれたりします。

 

その非日常のワクワク感と、

 

不便を楽しむ方法(人生で困難に直面した時も、楽しみを見つける強さ)を教えてくれる一冊です(*^-^*)

 

 

《著者紹介》

作:ジョン・ロッコ

アメリカ、ロードアイランド州に育つ。ロードアイランド・デザイン・スクール、ニューヨーク市のビジュアルアート・スクールに学んだ後、コンピューターグラフィックスの先駆者であるロバート・アベルに師事。その後、ディズニーに入社し、映画製作に携わっている。一方、本作を含め、これまでに6作の絵本を発表している。

妻と娘、愛犬とともに、ニューヨーク市ブルックリンに在住。2003年8月に北アメリカで起きた大規模停電を家族とともに体験した。仕事を離れるときは、ペンシルベニア州にある、1860年代の農家を改築した家で過ごすという。

 

訳:千葉茂樹

1959年、北海道に生まれる。国際基督教大学卒業後、出版社に勤務し、児童書の編集に携わった。その後、北海道に居を移し、フリーの翻訳家として活躍している。訳書に

『たまごのはなし』(ほるぷ出版)、『ゴハおじさんのゆかいなお話』(徳間書店)、

『あたまにつまった石ころが』、『メアリー・スミス』(ともに光村教育図書)など多数。

※絵本より引用