★KIKOがお勧めしたい絵本の世界★

年間200冊読んで、人にお勧めしたいと思った絵本を紹介します♪

くさはら

f:id:kiko_book:20210222112320j:plain

くさはら

絵が酒井駒子さん。文が加藤幸子さん。

 

酒井駒子さんの子どもに向ける優しい視線が大好きです。

 

 

家族みんなで川あそびに来たゆーちゃん。

 

ゆーちゃんは、足元に飛んできただいだいいろのちょうちょうが目につきます。

 

家族のいる川とは違う方向へ、ちょうちょうが飛んでいきます。

 

f:id:kiko_book:20210222113458j:plain

くさはら

 

ゆーちゃんはきれいな、ちょうちょうを追って草の茂みにはいっていきます。

 

ちょうちょは草はらの上をすいすいと泳ぐように飛んでいきます。

 

ゆーちゃんはそれを追いかけて、腰まである草むらをかきわけながら、

 

進んでいきます。

 

長い葉っぱ、丸い葉っぱ、ギザギザの葉っぱが足をこちょこちょとくすぐります。

 

スーとした臭いがします。

 

風がザーッと音をたてて拭きました。

 

f:id:kiko_book:20210222113529j:plain

くさはら

 

草はらはまるで海の波のように揺れています。

 

お腹も、肩もその中に沈んでいきます。

 

草の上に出ているのは、帽子と顔だけ。

 

背の高い草に取り囲まれてしまいます。

 

f:id:kiko_book:20210222113629j:plain

くさはら

 

葉っぱたちはだまって見下ろしています。

 

ちょうちょが見えなくなりました。

 

ピョーンとバッタさんが飛びついて、またどこかへ行ってしまいました。

 

動いたらピシっと葉っぱがほっぺをぶち、泣きたくなり目をギュッとつぶりました。

 

急に色んな音がいちどきに聴こえてきました。

 

ザワザワ、カサコソ、ジージー、ピッピ。キリリ、コロロ。

 

遠くの方で川がシャラシャラ歌います。

 

そのときママが『ゆーちゃん、何しているの?』と笑っていました。

 

 

 

子どもの時夢中になって木登りをして、思った以上に高く感じて怖くなって、

 

降りられなくなったこと。

 

前へぐんぐんと歩いてきたけど、振り返ったら、さっきまで一緒にいたお友達が

 

いなくなっていて、急に心細くなった時のこと。

 

買いものいった時に、ママを見失い、泣いたこと。見つけられた時のホッとした気持ち。

 

そんな子供のころの淡い日常の一コマを思い出しました。

 

風が吹いて、草が漂う雰囲気や、子どもが一心に見つめる姿など、見事です。

 

 

文:加藤幸子(かとうゆきこ)

1936年、北海道生まれ。子どものころから生き物に親しみ、現在も小説を書きながら野外での動植物の観察を楽しむ。主著に『夢の壁』(1983年 第88回芥川賞受賞)、

『長江』、『家のロマンス』、『〈島〉に戦争が来た』(以上、新潮社)、

『蜜蜂の家』、『茉莉花の日々』(ともに理論社)、『鳥よ、人よ、甦れ』(藤原書店)、『ナチュラリストの生きもの紀行』(DHC)などがある。

 

絵:酒井駒子(さかいこまこ)

1966年、兵庫県生まれ。東京芸術大学美術学部卒業。絵本に『よるくま』、

『金曜日の砂糖ちゃん』(2005年ブラティスラヴァ世界絵本原画展金碑、ともに偕成社)、『きつねのかみさま』(2004年日本絵本賞、ポプラ社)、『よるくま クリスマスのまえのよる』、『BとIとRとD』(ともに白泉社)、『ぼくおかあさんこと…』(文溪堂)、『こりゃ まてまて』(福音館書店)など。

※絵本より引用

 

 


くさはら (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)