★KIKOがお勧めしたい絵本の世界★

年間200冊読んで、人にお勧めしたいと思った絵本を紹介します♪

ブルドーザーのブルブル

f:id:kiko_book:20210902093233j:plain

 

ブルドーザーのブルブルは、ちからもち。

 

やまの 工事現場で、いのししの作業員のおじさんと働いています。

 

f:id:kiko_book:20210902102306j:plain

 

じゃりのやまを おしのけてたり、きの根っこをどかしたり大忙し。

 

でも、ブルブルは 怖がりです。

 

崖に近づき、乗り出して 働くなんて無理です。

 

仲間のショベルカーやダンプトラックにも、からかわれて、

 

しょんぼり。

 

f:id:kiko_book:20210902102335j:plain

 

ある晩のこと、ひとりぼっちでブルブルは工事現場に残されました。

 

するとふくろうの鳴く声が聞こえ、ブルブルはこわい。

 

しかも雨まで降ってきました。

 

雨はどしゃぶりになり、雷まであたりに轟ました。

 

f:id:kiko_book:20210902102404j:plain

 

ブルブルはますます怖くなって、心細くなりました。

 

すると、あけがたちかく、ズ ズズーン!と不気味な音が。

 

あたりが明るくなったとき、山の動物たちが、ブルブルの前を駆け抜けていきました。

 

どうやら、この雨で地盤がゆるみ、ウサギさんの家の前に大きな岩が降ってきて、

 

ウサギさん家族が外に出られず、閉じ込められてしまっているよう。

 

イノシシのおじさんがやってきて、ブルブルの力で、

 

うさぎさんを救ってくれと頼まれました。

 

怖がりなブルブルは、不安で勇気がでません。

 

でもうさぎさんの家には7匹の赤ちゃんがいる。

 

もう怖いなんて言ってられないと奮い立たせます。

 

ブルブルはうさぎさんの家を塞いでいる、倒れた大きな木や、大きな岩を、

 

顔を真っ赤にしながら、力いっぱい、押します。

 

f:id:kiko_book:20210902102436j:plain

 

すると、うさぎさんの家を塞いでいた大きな岩が動き、

 

無事うさぎさんたち家族が外へ出て来ました。

 

みんなの拍手が、やまじゅうに 響き渡りました。

 

ダンプトラックやショベルカーも仕事をするため、やってきました。

 

さぁ今日の仕事はがけのすぐそばです。

 

ブルブルはがけと聞いて、弱気になりました。

 

その時崖のそばの、草むらにうさぎさん家族が、

 

ブルブルの仕事する姿を一目見ようと、やってきたようです。

 

”『ぼく、こわくないもんね』”

 

ブルブルは、がけの側まで走っていきました。というお話です。

 

あんなに大きくて、力持ちのブルードーザーにだって、怖いもの、

 

苦手なものはある。でもブルブルは逃げずに、立ち向かい、

 

ウサギさん家族を助け、自信につながりました。

 

そしてあんなに怖かったがけでの仕事も克服し、

 

精神的に成長していく過程が、働く車で表現されています。

 

力強くかっこいい働く車の弱点をみて、かっこいいヒーローのような存在から、

 

親近感、自分により近い存在に感じられ、困難を乗り越えていく姿に、

 

立ち向かう勇気をもらえる一冊です☆彡

 

《著者紹介》

作:こわせ・たまみ

1934年、埼玉県生まれ。早稲田大学卒業。

主に絵本、童謡・合唱曲のための詩をつくる。絵本には、『そばのはなさいたひ』(1986年エルバ賞受賞、佼成出版社)、『きつねとつきみそう』(金の星社)、

『きつねをつれてむらまつり』(教育画劇)、詩の絵本『うみのにじ』(国土社)、

紙芝居『ひ~らいたひ~らいた』(教育画劇)など多数。現在、日本童謡協会常任理事。

 

絵:末崎茂樹(すえざきしげき)

1948年、大阪生まれ。日本児童出版美術家連盟会員。主な絵本作品に、『わんぱくだん』シリーズ(ひさかたチャイルド)、『ともだちだいすき』シリーズ(偕成社

『やまねこせんはまべでキャンプ』(PHP研究所)、『くまさんのあたらしいカーテン』(佼成出版社)、『ちびねずみのひっこし』『おつきさまのとおるみち』(教育画劇)など多数。

 

 

 


ブルドーザのブルブル (のりものえほん)