★KIKOがお勧めしたい絵本の世界★

年間200冊読んで、人にお勧めしたいと思った絵本を紹介します♪

どうぞのいす     

f:id:kiko_book:20211021092208j:plain

 

うさぎさんが、ちいさな椅子を作りました。

 

椅子のうしろに、自分にそっくりな短いしっぽを飾り付けたオリジナルです。

 

f:id:kiko_book:20211021093818j:plain

 

森のみんなに使ってもらえたらいいなと思い、

 

木の下にどうぞのいすという看板と一緒に椅子を置きました。

 

はじめにやってきたのはろばさん。

 

f:id:kiko_book:20211021093839j:plain

 

ろばさんはなんて親切なのだろうと、椅子にどんぐりがたくさん入ったバスケットを

 

置き、あまりに疲れていたので、木の下でお昼寝を始めました。

 

そこへクマさんがやってきて、椅子に置かれたどんぐりを見つけ、

 

遠慮なくとどんぐりをいただくことに。

 

f:id:kiko_book:20211021093925j:plain

 

でも次の人に何もないとお気の毒と、持っていたハチミツを椅子に置いていきました。

 

少ししてから、きつねさんがやってきて、椅子の上のハチミツを遠慮なくいただき、

 

次の人のために、もっていたパンをバスケットのなかにそっと置きました。

 

しばらくして、大勢のリスさんがやってきて、パンをみんなで分け合いながら、

 

美味しくいただき、森で収穫した栗を次の人のためにバスケットへ入れました。

 

f:id:kiko_book:20211021094000j:plain

 

ロバさんは長いお昼寝からようやく目覚め、バスケットをのぞきに行くと、

 

f:id:kiko_book:20211021094032j:plain

 

なんと、どんぐりから栗になっていて、

 

”あれれ?どんぐりって、くりのあかちゃんだったかしら?”

 

最後はユーモアたっぷりのオチと、幸せな気持ちになります。

 

森の動物たちの親切な心、相手を想うやさしい気持ちに、

 

読んでいてほっこりと心が温かくなりました。

 

子どもの読み聞かせにも、相手の気持ちを考える、一つのものを分け合ったり、

 

共有したりする喜び、どうぞ(ゆずったり)を学べる絵本です(*^-^*)

 

プレゼントにも最適な絵本だと思います★

 

《著者紹介》

作:香山美子(こうやまよしこ)

1928年生まれ。東京都出身。主な作品に、絵本『こんたくんのえーとえーと』(金の星社)、『はじめは『や!』』(鈴木出版)、『ごろりんごろんころろろろ』『ヒッコリーのきのみ』『もりのおくのちいさなひ』(以上、ひさかたチャイルド)、詩集『ちいさいおおきい』(チャイルド本社)、童謡『おはなしゆびさん』『げんこつやまのたぬきさん』などがある。

 

絵:柿本幸造(かきもとこうぞう)

1915年生まれ。広島県出身。主な作品に『じゃむじゃむどんくまさん』をはじめとする

『どんくまさん』シリーズ(至光社)、『しゅっぱつしんこう』(小峰出版)、

『ごろりんごろんころろろろ』『ヒッコリーのきのみ』『もりのおくのちいさなひ』『フルフル』『くまのこくまきち』『どんぐりとんぽろりん』『さいしゅうれっしゃのあとで』『こりすのはつなめ』(以上、ひさかたチャイルド)などがある。第8回小学館絵画賞受賞。1998年亡くなる。

※絵本より引用

 

 


どうぞのいす (【2歳 3歳 4歳児の絵本】)